スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
『水没ピアノ~鏡創士がひきもどす犯罪~』佐藤友哉
ユヤタン(佐藤友哉の愛称)レビュー二回目にして、ユヤタンの三作目。

二作目の『エナメルを塗った魂の比重~鏡稜子ときせかえ密室~』のレビューは、内容が人を選びそうなので無いです。
高校時代の自分なら『エナメル~』も好んだでしょうが、読書の方向性が変わっている現在、表面的なストーリーがしんどかったので割愛ということです。しかし、『エナメル~』の構成とか、エンターテイメントの一つである小説としての本質的な部分ではとてもよく出来ていて、お勧めではありますよ。と。

そいで、本作『水没ピアノ』の紹介。
この読み口軽さで、この内容の緻密さと、終盤の衝撃が出るのはすごい。
内容が読み口の軽さに左右されるとは言わないが、さらりと語られる物語からひっそりと隔されていた部分が「ひきもどされる」ときの衝撃は圧巻の一言。
得てして、ほのぼのとした展開(本作はほのぼのした内容ではないけれど)から迎えるラストというものは、半透明の伏線を元にじわじわと頂点へ高まっていくけれど、本作は違う。半透明の伏線をさらに半分露出させているままで、進んで行って、最後に残り半分を突きつけて終わる。その割り切った潔さがとても心地よく響く。

久々に、これは構成の勝利ではなく、作者の勝利だ。と思った作品。



水没ピアノ―鏡創士がひきもどす犯罪 (講談社文庫 さ 87-3)水没ピアノ―鏡創士がひきもどす犯罪 (講談社文庫 さ 87-3)
(2008/04/15)
佐藤 友哉

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:日記の為の安全ピン。 - ジャンル:日記

【2008/05/25 23:53】 | こむじゅの本棚 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『四畳半神話大系』森見登美彦
現代を生きる若者で、実際に四畳半に入ったことがある人がどれだけいるだろう。
また、そこで生活をした事があるとなると、どれだけになるだろう。
そんな中、「正方形に畳が置かれた四畳半を想像してくれ。この小説はまさにその四畳半だ!」という感想の、この例えがどれだけ正確にイメージされるだろうか。

それでも、この例えが理解されなくてもそれが時代で、それはそれとさせるのもこの作品だと思う。

あたりまえだけど、ほとんど同じ畳であっても、それぞれ異なったイグサの束を、職人の腕で同じ寸法に整えられたものである。
そして、この作品は一人の職人に紡がれた四つの話から成っている。
それらは、ほとんど同じ形をしてるものの、よく見ると素材は同じであるけれど全く個性の異なるもので出来ている。

ところで、一畳の畳が風車のように敷かれ、その真ん中に半畳の畳が納まっている、というのが四畳半である。
四枚の畳だけで四畳半は成り立っているわけではなくて、その中心にある半畳がなければ四畳半ではない。
本作では、短編集などでよくある、全編を通して見えてくる物語があるわけではない。しかし、物語になりきれていない物語が確かにあって、他の物語に支えられてその中心に渦を巻くようにして蜃気楼のように立ち上がっている。
四つの物語とあわせて、この物語になりきれない物語の存在があるからこそ、神秘的な四畳半の大系がそこに形作られている。


四畳半神話大系 (角川文庫 も 19-1)四畳半神話大系 (角川文庫 も 19-1)
(2008/03/25)
森見 登美彦

商品詳細を見る

テーマ:日記の為の安全ピン。 - ジャンル:日記

【2008/05/22 21:49】 | こむじゅの本棚 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。