スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
『フリッカー式~鏡公彦にうってつけの殺人』佐藤友哉
重版童貞など散々な言われ様もしてきた佐藤友哉だったけど、この春満を持して文庫化されたメフィスト賞受賞作でもあるデビュー作。

書かれた時期を考えると納得の内容。エヴァンゲリオンブームの前後のオタク文化急成長の時期において書かれたという点では、今のライトノベルに比べると見劣りがするかもしれないけれど、展開や登場人物のキャラ付けは目を見張るものがあると思う。軽いのに濃く、暗い雰囲気なのにさっぱりしていて、やっぱり濃くて暗いのにさっぱり軽い。半分空中なのに半分水中にいるようなプールに浮いてるのが楽しいような感覚。でも、しっかり地を踏んでいる。

余談だけど、シリーズの文庫化決定と三島由紀夫賞受賞にあわせたような婚約発表に、非常に好感度がさらにあがりましたw
シリーズにとどまらず、続々文庫化して欲しいもんです♪
(ユヤタン、文庫待ちでごめんなさい)

フリッカー式 <鏡公彦にうってつけの殺人 > フリッカー式 <鏡公彦にうってつけの殺人 >
佐藤 友哉 (2007/03/15)
講談社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:日記の為の安全ピン。 - ジャンル:日記

【2007/06/09 23:21】 | こむじゅの本棚 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<『少年少女漂流記』乙一×古屋兎丸 | ホーム | 『ブロックスデュオ』>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://comuju.blog106.fc2.com/tb.php/11-f0ad8137
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。