スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
『バックギャモン』
西洋で生まれた古典ゲームの一つ。名前を聞いたことくらいあるだろうし、なくても一度はこの盤面を見たことはあるはず。それくらい知名度の高いはず。しかしながらトランプ、チェス、ドミノと並んで世界四大ゲームに数えられるくらいにはメジャーなのに、日本ではあまりぱっとしない。

しかし面白くないのかといえば、さすが四大ゲームの中に含まれるレベルのゲームだけあって単純なのに奥が深い。
ルールはいたってシンプルで、サイコロを二つ振り、その目の数だけコマを動かしていって盤上を一周して、先に全部のコマをゴールさせたら勝ちというもの。それの何が面白いかというと、ここに二つのルールが加わっていることがミソ。一つが二つ以上相手のコマが存在するマスにコマが動かせないこと、そしてもう一つが相手のコマが一つしか無いマスに入ると、そのコマをスタートに戻せるというルール。
実際聞いたところで「それだけ? 結局ただのスゴロクじゃん」とか思えてしまうけど、これだけのルールで駆引きが生まれる。そのルールの意味が理解するためにはやってみなきゃわからない。単純なものにこそ神は宿る、その典型のようなゲーム。

入門するなら初心者同士ではじめるか、経験者と初心者では力の差が出てしまうので、経験者にレクチャーしてもらいながらやるのがいいかもしれない。
MSNメッセンジャーのゲーム機能に入っているので、実はパソコンさえあれば気軽に出来るゲームです。興味がある方は友達と始めてみるのもいいかもしれません。


ポケッタブル パワーバックギャモン ポケッタブル パワーバックギャモン
(2003/04/02)
メガハウス
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
【2007/06/15 20:20】 | こむじゅのボードゲーム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<風邪ひいていました。 | ホーム | 『少年少女漂流記』乙一×古屋兎丸>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://comuju.blog106.fc2.com/tb.php/13-9229cf4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。