スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
『スクールアタックシンドローム』舞城王太郎
『みんな元気。』が文庫化される際に分冊された分の、二冊目。
短編集を分冊したことで、安くて軽く、お手ごろに手に入れることが出来るようになったんじゃないかと思う。
『みんな元気。』に引き続き、全体的に<繋がり>がテーマになっているんじゃないだろうかと思った(当たり前っちゃ当たり前)。まあ、それぞれその<繋がり>がメインのテーマじゃなくて、あくまでメインのテーマとこのテーマが相互に関係しあって話が進んでいく感じ。この二本柱感は『みんな元気。(文庫版)』から通してずっとあって、面白い。
一話で二話分舞城王太郎を楽しめている気がした。

『スクールアタックシンドローム』
本書の中で一番好み。分冊の二冊の中でも一番かも。「どんな人間でも強いばかりじゃなく弱いところもあるから人間らしいんだ」と「どんな人間でも頑として強い芯を持って居るからこそ弱いんだ」とでは少し違うけど、とにかく「完璧な人間は居ないし、仮に完璧な人間が居てもその完璧さが弱点だよね」って話。それは愛とか暴力とかで語れば簡単だけど、愛とか暴力が人間を語るんじゃなくて人間が愛を語り暴力を行使するという本質に原点回帰させてくれる一編。
ちなみに、前回この漫画版について触れたけど、その時も言ったようにこの原作の本作の方が遙かにいい。漫画版を読んでがっかりした人は本作を読んでびっくりしてほしいw

『我が家のトトロ』
前を向くという事は前だけでなく後ろが存在することを逆説的に示していて、前を向いて進むという事は将来後ろを振り返ってその道程を見返す事を前提としている。勉強に仕事、恋愛に友人。自分の中のランク付けは常にその過程で行われて、折り重なって過程となる。自分が幸せになるという事は、その過程を自分だけじゃなくその過程にかかわる人たちの充足も大切な要素なんだなぁ、と。

『ソマリア、サッチ・ア・スイートハート』
分冊の際に本書のために書き下ろされた作品。
個人的には読んだ時期が悪かった。気晴らしに、息抜きに、なんとなく、読むと後悔するw
昼過ぎに読んで夜まで気分が上がらなかった(苦笑)。どんな小説でも小説を小説として楽しめる余裕を持って読めばよかった。
日常と普通ってみんなそれぞれ違う。サッカーで、前半と後半で試合がひっくり返った時に自軍と敵軍は、どちらが前半と後半のどちらをイレギュラーと思うだろうか。その試合の境目を肌で感じられるのは監督でも選手でもなくて、意外と審判だったりするんじゃないだろうか
スクールアタック・シンドローム (新潮文庫 ま 29-3) スクールアタック・シンドローム (新潮文庫 ま 29-3)
舞城 王太郎 (2007/06)
新潮社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:日記の為の安全ピン。 - ジャンル:日記

【2007/07/23 10:04】 | こむじゅの本棚 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<『コンタクトゲーム』 | ホーム | 『ピコーン!』舞城王太郎×青山景>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://comuju.blog106.fc2.com/tb.php/19-a47975ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
サッカー 審判
高校サッカー選手権に現校名で最後の出場/神奈川県立外語短大付属高校神奈川新聞校庭もサッカーコートをとれる広さはない。 赴任して三年目を迎える松本秀次教諭は一昨年末、部員たちから顧問就任の要請を受けた。「どうしても公式戦に出たい」という熱意に対し、松本教諭 サッカー魂!日本代表+海外クラブチーム【2007/07/23 13:44】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。