スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
『失はれる物語』乙一
本作は、乙一の数々の短編集の中から選ばれた7編+あとがき代わりの書き下ろし1編の、短編集。
表現がおかしいかもだけど、乙一ってさっぱりしてるのにすんなり読めるのが不思議に思える。
なんでだろう。

『Calling You』
若干ベタな物語ではあるけれど、そのベタっぷりが良かった。
乙一の小説のよさは、細部まで決めないという手法なんだと良くわかる作品。

『失はれる物語』
テーマが重いので、ちょっと読み進めるのが辛かった表題作。
客観と主観との境目に存在しながら、どちらでもない「想い」が目に見えるよう。

『傷』
この短編集のテーマだろう「喪失」による「失調」が一番色濃い作品。
「愛」とは見返りを求めることではなく、無償の見返りを与えることなんだと改めて思った。

『手を握る泥棒の物語』
人から何かをもらうとき、知らずに自分もその人に何かを与えているもんなんだ。
息をしようとすれば、空気を吸ってばかりじゃなくて、吐くことも大事。

『しあわせは子猫のかたち』
読後感にある温かさは、子猫をなでたときのよう。
今日の昼間に聞いたラジオのゲストが言った結婚観が、この作品とダブった。

『ぼくの賢いパンツくん』
企画モノだとは言え、新鮮な乙一の一面が見える作品。
でも、しっかりとテーマは押さえている?(笑)

『マリアの指』
人という字は人と人とが・・・という名文句が頭をよぎる。
どんなにずば抜けた人でも、人は人。

『ウソカノ』(あとがきにかえて)
嘘はだれを傷つけて誰を救うんだろう。
自分につく嘘は一番甘くて一番重い。


いや~、面白かった。


失はれる物語 (角川文庫)失はれる物語 (角川文庫)
(2006/06)
乙一

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:日記の為の安全ピン。 - ジャンル:日記

【2008/04/26 20:46】 | こむじゅの本棚 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<『四畳半神話大系』森見登美彦 | ホーム | カテゴリを再整理しました。>>
コメント
CDで言う所のベスト版ってことですかね。
ベストだとしたら内容が濃そうだなぁー。

色んな世界観をかけるってすごいですよね、 イッセー 尾形って人の一人芝居を思い浮かべてしまいました。
【2008/05/04 10:56】 URL | 古賀です #yq3hksEg[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://comuju.blog106.fc2.com/tb.php/35-1102dc49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。